内臓脂肪レベル

内臓脂肪レベル

私の体重計に内臓脂肪レベルというのがあるのですが・・・?ちょっと何なのか分からなかったので、内臓脂肪レベルとは一体何なのかを調べてみました。

 

内臓脂肪レベル

 

内臓脂肪レベルとは?

 

内臓脂肪は誰にでもついています。しかし、つき過ぎると脳梗塞や心筋梗塞などの病気の原因となる可能性もありますので、その危険レベルを測る基準として内臓脂肪レベルがあります。内臓脂肪レベルは、内臓脂肪の面積10平方センチメートルを1単位としていて、例えば30平方センチメートルであれば内臓脂肪レベル3、150平方センチメートルであれば内臓脂肪レベル15ということになります。

 

内臓脂肪レベルでみる危険値

 

内臓脂肪レベルでは、どのぐらいのレベルからが危険かというと、基本的に内臓脂肪レベル9以下であれば問題はなく、内臓脂肪レベル10以上15未満の場合は、注意・改善が必要な状態となります。内臓脂肪レベル15以上の場合は、早急に改善が必要な状態となっています。

 

内臓脂肪レベルが気になったら

 

内臓脂肪レベルについては、色々な数値から予測を算出し、表示する体重計なども市販されていますので、気になる方だけではなく、今は問題ないという方でも、定期的に測定すると良いでしょう。また、正確に測定する場合は、病院でCTスキャンにより確認しますので、市販の体重計でレベル10を超えていたら一度病院を受診するのをおすすめします。内臓脂肪は、外見では分からないので、見た目がスリムだからと安心していると、隠れ肥満になっている可能性もあります。大丈夫と思っていても、一度は内臓脂肪レベルを確認した方が良いと思います。

内臓脂肪は必ず落ちる!

スポンサードリンク


内臓脂肪について 内臓脂肪を落とす方法 即効性のあるダイエット法 お勧めのエイジングケア 40代で更に綺麗になる方法